京都・神楽岡 山の手倶楽部
お問い合わせ

何もしない”贅沢”がここ山の手倶楽部にはあります。

HOME
ご利用時のサーヴィス
業務内容
育成事業
プロフィール
お問い合わせ

育成事業

***************************************************
右手の画像は昭和49年2月初版。当時の「辻調理師学校・フランス料理研究室」が柴田
書店より発売された。表紙にはフランスはリヨンの南に位置するヴィエンヌの街にある
「ピラミッド」でサーヴィスを行なうムッシュ・ヴァンサン。
*************************************************

「対象者は・・」


飲食を中心とした接客業に従事する方が対象です。はじめて業務に就かれる新人の方やすでに数カ月、数年間の業務を行いスキルアップを希望される方も対象になります。また独立開業を目指す方も対象です。

実のところ高級な飲食部門の接客スキルは異業種の接客分野でも大いに役に立ちます。特に対峙するお客様の動向や目的などに応じた接客術を学ぶ機会になります。

FBS(FOOD&BEVERAGE SERVICE)教室


2021年「山の手倶楽部F&Bアカデミー」に名称を変更いたします


飲食ステージで働くための意義や心構え、そしてサービスマナーに至るまで学びます。またスタッフとの関係性や個人や組織での目的や方向性などを一緒に学びます。すべてが同じ課題や問題を抱えているわけではありません。問題意識も大きく異なることから個人と同組織のグループ学習を主体に授業を行います。

また知っていることと実際に出来ることは違います。まずは自らが実行できることが重要です。具体的には皿の持ち方、カトラリーの扱い方、グラスの使い方、ワインの熟成管理の仕方、ワインの抜栓からサービスなどの技術的な項目があげられます。さらにゲストと作り上げるメニュー作成、収支における考え方、企業風土と主観との摺り合わせ方などです。独立開業を希望される方においては外部の意見も取り入れ共に進めて行きます。

京都・神楽岡 山の手倶楽部 代表・おもてなし作家 / ソムリエ 柳 忠志

********************************************************


************************************************



月2回程度の実技並びに講義を無償で受講できます。


FBS教室内での受講料並びに実習費は全て「山の手倶楽部・会員」の皆様方の援助で成り立っております。

授業に関して
        「希望者に合わせたプログラムをお作りします」



■個人指導が基本パターンですが同じ職場でのグループ学習も可能です。
■座学、実技、実例相談の3クールが1日のスケジュールとなります。
■実習として「山の手倶楽部」でのサーヴィス及び補助調理を行って頂きます。
■必要に応じて課外学習を行ないます。
■授業の単位は120分から150分になります。
■授業日程は生徒の皆さんと相談して決定致します。

****************************************************

☆注意事項

○基礎学習中は試飲・試食はありません。
○車での「山の手倶楽部」への出入りは出来ません。
○一般の授業は平服でお越し下さい。(履物は動きやすいものをご準備下さい)

****************************************************
2021年の春

すでに飲食に対する動きが大きく変わろうとしています。これは消費されるゲストだけでなく働き手の側も同じです。ここは原点に戻るのか、それとも新しいライフスタイルに挑戦するのかといった一年だったと思います。

中には仕方なく業態変更を実行し成功している例もあるように聞いています。逆に根本的にリスク回避する方法を考えておられる方もおいでになることでしょう。

どちらにしても立ち止まっているわけには行きません。行動するのみなだと思います。ここでこの文章を書きながら自分に言い聞かせている私がここにいます。さあ、今からは考えるよりも行動です。


京都 神楽岡 山の手倶楽部